ジュンク堂書店池袋本店で刊行記念イベントを行います!

『沖縄の米軍基地を「本土」で引き取る!』(コモンズ)刊行記念トークセッション

「なぜ基地は沖縄に集中し続けているのか?」

高橋 哲哉(哲学者) 左近 幸村(歴史家) 里村 和歌子(主婦)


開催日時:2019年06月13日(木) 

19:00開場

19:30開演


「これ以上沖縄に米軍基地は要らない!それほど基地が必要なら持って帰ってほしい、引き取って欲しい」という沖縄からの切実な声を受けてスタートした基地引き取り運動。 当初からその賛否をめぐって左右を問わず多くの議論を呼んできた運動は、現在北は札幌、西は上五島にいたる全国各地に広がっています。 なぜ米軍基地は沖縄に集中し続けているのか、「引き取り」はいったい何を目指しているのか。 4月に刊行されてより注目されている本書の編集委員と高橋哲哉氏とをお招きして、トークセッションを開催します。 


【講師紹介】

 ○高橋 哲哉 (たかはし てつや) 福島県生まれ。東京大学大学院総合文化研究科教授。専攻は哲学。現代社会の思想的諸問題について幅広く発言。 主な著書に『戦後責任論』(講談社)、『沖縄の米軍基地 「県外移設」を考える』(集英社新書)などがある。 

○左近 幸村(さこん ゆきむら) 兵庫県生まれ。新潟大学経済学部准教授。専門はロシア史。本書の編集を担当。 他の編著に『近代東北アジアの誕生―跨境史への試み』(北海道大学出版会)。沖縄に応答する会@新潟のメンバー。 

○里村 和歌子(さとむら わかこ) 愛知県生まれ。大学非常勤講師(社会学)。本書の編集を担当。 沖縄の米軍基地を本土に引き取る福岡の会(FIRBO)代表。

 ★入場料はドリンク付きで1000円です。当日、会場の4F喫茶受付でお支払いくださいませ。 

※事前のご予約が必要です。1階サービスコーナーもしくはお電話にてご予約承ります。 

※トークは特には整理券、ご予約のお控え等をお渡ししておりません。

 ※ご予約をキャンセルされる場合、ご連絡をお願い致します。(電話:03-5956-6111)  

■イベントに関するお問い合わせ、ご予約は下記へお願いいたします。 

ジュンク堂書店池袋本店 TEL 03-5956-6111 東京都豊島区南池袋2-15-5

FIRBO

本土に沖縄の米軍基地を引き取る福岡の会 Fukuoka Initiative for Return of U.S. Military Bases in Okinawa to Mainland Japan