【衆院選】政党&候補者へのアンケート結果を発表します

全国の引き取り運動のネットワーク「辺野古を止める!全国基地引き取り緊急連絡会」では、衆議院選挙にあたり、沖縄が抱える問題を沖縄一県に背負わせることなく、民主主義と地方自治が抱える問題としてとらえることを目的に、各政党と一部の候補者(FIRBOでは福岡県の候補者)に「沖縄における米軍基地についての公開質問状(アンケート)」を実施しました(発送:10月11日〜13日、回収:〜10月16日)。

その結果を発表いたします。

回答があるなしさまざまですが、沖縄が置かれた状況について考えているかいないかの証左だと言えます。今後の問題解決のために参考にしていきたいところです。

選挙戦で多忙を極める中、アンケートにご協力くださったみなさん、誠にありがとうございました。

 ⇒ 政党&福岡県候補者のアンケート結果PDFはこちら

 ⇒ 新潟県候補者のアンケート結果はこちら


■【政党】衆議院選挙「沖縄における米軍基地についての公開質問状」アンケート結果(2017-10-17)※1


■【福岡県候補者】衆議院選挙「沖縄における米軍基地についての公開質問状」福岡県候補者アンケート結果(2017-10-17)※2

【質問内容】

沖縄における米軍基地についての公開質問状

1 沖縄県の米軍基地についてどう思いますか?

① 全撤去するべきだ

② 縮小するべきだ

③ このままでよい

④ 拡大・強化するべきだ

2 国土の0.6%の沖縄県に70・4%の米軍基地があることをどう思いますか?

① 構造的な差別である

② 地理的、軍事的に仕方がない

③ 日本全体で安全保障の負担は分かち合うべきだ

④ 分からない

3 米軍普天間飛行場移設に伴う名護市辺野古への移設計画についてどう思いますか?

① 進めるべきだ

② 建設を一時中断して、沖縄県と国が話し合い解決策を探るべきだ

③ 断念すべきだ

3.1 普天間飛行場の移設先についてどう思いますか?

① 県内移設 (辺野古への移設)

② 県外移設 (沖縄県以外の国内への移設)

③ 国外移設 (日本国外への移設)

④ 移設なし撤去

3.2 日本の安全保障(北朝鮮対応)のため、米軍基地やオスプレイが「本土」※3 に設置・移駐されることに賛成しますか?

① 賛成

② 条件によっては賛成

 条件:基地の種類(港湾、レーダー)、地位協定改正、治安、補助金、自衛隊共

用、その他

③ 条件によらず反対

④ 所属会派の方針に従う

4 日米地位協定についてどう思いますか?

① 抜本改訂が必要

② 運用改善で対応するべきだ

③ まずは議論をはじめる

④ 抜本改訂は必要ない

5 辺野古移設をめぐり国と沖縄県が対立している状況について、地方自治の観点からどう思いますか?

① 沖縄県民の民意が十分尊重されるべきだ

② 憲法92条に定める地方自治の原則や地方分権の観点から国と地方の関係が「対等・協力」であることを踏まえ、国と沖縄県の間でもっと協議すべきだ

③ 国と地方の紛争処理の仕組みが機能していないため、新たな制度を含めて再検討すべき

④ 安全保障政策は国の専管事項である

6 基地引き取り運動を知っていますか?

① YES

② NO

7 基地引き取り運動についてどう思いますか?

① 運動に協力したい

② 共感する

③ 共感しないが話を聞いてみたい

④ まったく共感しない

8 ご自由にお意見をお寄せください


【注】

※1:希望の党は連絡先不明で問い合わせをしたところ返答なし

※2:6区幸福の西原氏のみ連絡先不明で未発送

※3:候補者アンケートでは、「自らの選挙区」とした

FIRBO

本土に沖縄の米軍基地を引き取る福岡の会 Fukuoka Initiative for Return of U.S. Military Bases in Okinawa to Mainland Japan