活動・イベント

FIRBOも所属する全国基地引き取り緊急連絡会で4月28日(土)、緊急同時行動を行います。

福岡市では17時から天神コア前で街頭行動を実施予定。みなさんのご参集をお待ちしています!


  *

4月28日は何の日かご存知ですか?

1952年の4月28日、日本はサンフランシスコ講和条約によって沖縄をアメリカに差し出して独立を果たしました。私たち「本土」の人間は、平和憲法(戦争の放棄と戦力不保持)と日米安保(アメリカ軍の駐留)の矛盾を66年間も沖縄に押しつけたまま、安心と安全を享受しつつ経済発展を遂げてきました。その結果、現在、日米安保体制に賛成する人は8割にも及びます。

一方、たった0.6%の国土面積に70%もの在日米軍専用施設が集中する沖縄県では、大多数の人が「これ以上沖縄に基地はいらない」と辺野古新基地建設に反対しています。2月に行われた名護市長選、これから予定される沖縄県知事選や今まさに議論されている県民投票など、沖縄県民はいつも自分たちの生活と国の安全保障とを天秤にかけさせられ、大きな選択を強いられています。

8割もの日本人が日米安保を支持しながら、米軍基地を沖縄に集中させ自分たちは安全という利益を得る――これまで私たち「本土」の人間はこの「構造的沖縄差別」(新崎盛暉)について主体的に考えようとしてきませんでした。いつまで私たちは、このまま沖縄に寄りかかり平気な顔をつづけるのでしょうか?


「じぶんの荷物はじぶんで持つよ」

まずはここから、はじめませんか?


沖縄の基地は自分たちの責任として自分たちで引き取る。4月28日、私たちは、デモ行進、スタンディング、集会やSNSでの表現など、自由なやり方で私たちの意思を表明します。あなたの街でも、自由なアピールをお待ちしています。

2018年4月

辺野古を止める! 全国基地引き取り緊急連絡会



◼️「じぶんの荷物はじぶんで持つよ」

4.28 全国基地引き取り一斉行動

〜 各地の予定・4月28日(土)


・山形 16:00〜 スタンディング 場所 : 鶴岡市パル交差点前 
・新潟 12:00〜 デモ コース:新潟駅前スタート〜古町三越前まで *12:00から30分アピール後デモに出発します。
‪・東京 14:00〜 スタンディング 場所 : 新橋駅SL広場‬
‪・滋賀 15:00〜 スタンディング 場所:JR草津駅東口‬
‪・大阪&兵庫 14:00〜 街頭行動 場所:JR三宮駅‬
‪・福岡 17:00〜 街頭行動 場所:天神コア前‬
‪★どなたでも自由に参加できます。あなたの街でも声を上げてみませんか?‬

ジャーナリストの乗松聡子さんをカナダからお招きして、8日、福岡市でセミプライベート勉強会を開催しました。

自らの気づきの体験や基地引き取り論の必然性について、乗松さんに「脱植民地化 decolonization」をキーワードに熱く語っていただきました。

海外から見た引き取り論へのまなざしというお話もとても参考になり、今後運動のレベルでも生かして行きたいと思いました。参加メンバー一人ひとりの引き取りへの思いも共有することができ、大変充実した勉強会になりました。


新刊・乗松聡子編著『沖縄は孤立していない――世界から沖縄への声、声、声。』(金曜日)の刊行にあわせ、4/19 日に東京の文京区民センターで、『週刊金曜日』シンポジウム「沖縄は孤立していない」が開催されます。ゲストは乗松さんの他、沖縄から山城博治さんが登壇。

関東近郊の方はぜひチェックしてみてください。

(里)

みなさま、『NHKディレクターが語る 沖縄と核』にご来場くださいまして誠にありがとうございました。福岡市内で他の大きなイベントが重なる中、約150名の市民のみなさんにお集まりいただき盛況のうちに会を終えることができました。

第一部の今理織ディレクターのお話は、「核」というプリズムを通し見えてくる沖縄と「本土」、そしてアメリカとの構造的な権力関係、すなわち差別の構図を暴露するとてもスリリングな内容でした。

そして第二部のトークセッションでは「一般人」として佐々木晋さん、FIRBOの里村も登壇し、その構造的な差別を前提として、私たち「本土」の人間に何ができるかについて話し合いました。

会場を後にする来場者のみなさんからは「大変充実した会であった」「とても勉強になった」「中身の濃いまれに見るイベントであった」と高い評価をいただきました。

このイベントが、少しでも、沖縄で何が起きているかについて、「本土」側が自分ごととして考えはじめるきっかけになれば幸いです。

FIRBOでは今後もこのようなイベントを開催していく予定です。メンバーを絶賛大募集するとともに、次回、再びみなさんにお目にかかれますことをこころより楽しみにしております。

お忙しい中足をお運び下さいまして、誠にありがとうございました。

※添付の記事は本日付(27日付)朝刊です。

上:アミカスホール

中:毎日新聞

下:西日本新聞

ディレクターが語る「NHKスペシャル 沖縄と核」講演会&トーク、いよいよ今週末26日(日)開催です。プログラムをお知らせいたします。

  *

【第一部】14:00〜

◇今理織(こん・みちおり)ディレクター講演会

 〜 なぜ「沖縄」と「核」に注目したのか

【第二部】15:00〜

◇トークセッション 今理織 ✕ 佐々木晋(政治家志望・元調理師)✕ 里村和歌子(FIRBO代表)

 〜 核の傘に守られてきた「本土」の私たちの責任とは?

◇質疑応答(ライブ)

  *


第二部で登壇されるパネリストのおひとり、佐々木さんのプロフィール&メッセージです。

◇佐々木晋(ささき・しん)30歳

福岡県福津市出身。一般人、元調理師。現在はまちづくりの仕事に携わる。


「ある時、友人のSNSがきっかけで高江で起こっている出来事を知りました。

ひとりのこの国に住む人間として何が起こっているのかを見なければいけないと思い、高江に行き、この国が抱える問題の根幹をわずかな時間ではありますが体感しました。

福岡でも沖縄のことを解決しようと頑張っておられる方々がいることを知り、FIRBOのみなさんたちと出会いました。

沖縄で起こっている事は政治云々に関わらず、皆さんが考えるべき、この国が抱えている大きな問題であると思います。

今までこの様なことに携わってこなかった人間の代表として、皆さんと一緒に考える貴重な時間になれば嬉しいです。」


  *

今週末、みなさまのご来場をお待ちしております!!


■DATA

日時:2017年11月26日(日)14:00(開場 13:30)

開催場所:アミカスホール (福岡市南区高宮3丁目3−1)

参加費:1,000円(学生無料)

定員:300人(先着順)

主催:本土に沖縄の米軍基地を引き取る福岡の会(FIRBO)

共催:沖縄差別をなくす会・沖縄を語る会

お申し込み:http://kokucheese.com/event/index/487620/

お問い合わせ:hikitorukaiあっとまーくgmail.com(事務局)

フェイスブックイベントページ:https://www.facebook.com/events/1585277761511350/


【2017年11月22日追記】

新聞各紙に告知記事を掲載していただきました。興味のある方はぜひ足をお運びください。会場でお待ちしております。

上:2017年11月21日西日本新聞

2番目:2017年11月22日毎日新聞

3番目:2017年11月22日読売新聞

下:2017年11月19日朝日新聞

11月最後の週末はFIRBOをはじめ全国の基地引き取り関連のイベントが目白押しです。お近くの方はぜひお越しください。


■11月25日(土)

【東京】早稲田奉仕園 13:30〜

「沖縄からの声にどう応えますか?基地の押しつけをやめ、対等な人間として出会い直すために」お話:知念ウシさん、新垣毅さん(琉球新報記者)

https://www.facebook.com/events/479588595757749/

【大阪】すまい情報センター18:30〜

「普天間移設はどこに!?他人事から自分事への出発として-」お話:木村草太さん

http://koudo.info/hikitori/a.html


■11月26日(日)

【福岡】アミカスホール14:00〜

「NHKディレクターが語る『スクープドキュメント 沖縄と核』講演会&トーク」お話:今理織さん(NHKディレクター)

https://firbo.themedia.jp/posts/3088155

【香川】香川大学幸町北621教室18:00〜

「県外移設論と脱植民地主義・沖縄差別」登壇者:福本圭介さん、佐々木寛さん、松島泰勝さん、木村朗さん (主催:東アジア共同体・沖縄(琉球)研究会)


【全国初開催!! 】

沖縄と「核」の知られざる歴史とは――

9月にNHKスペシャルで放送され全国を震撼させた

あの衝撃作のディレクター今理織(こん みちおり)氏が福岡で語ります


■今理織(こん・みちおり)氏 NHKディレクター

1976年生 2000年NHK入局

『ドキュメント72時間』『日曜美術館』『ブラタモリ』『歴史秘話ヒストリア』『探検バクモン』などを手がける。2013年から2017年夏まで沖縄放送局に在籍、沖縄戦や基地問題などを取材。『NHKスペシャル 沖縄と核』(2017年9月10日放送)を制作した。現在はNHK放送センター制作局に勤務。


■NHKスペシャル「スクープドキュメント 沖縄と核」

那覇近郊で核ミサイルが誤発射されていたという衝撃のスクープで「戦後史を塗り替えた」とも言われる超話題作。沖縄では45年前の本土復帰まで1300発もの核兵器が置かれ、冷戦下東西陣営の緊張が高まるたびに、最前線として危機的な状況に置かれていたことが元兵士たちの証言と極秘文書の紹介によりつぎつぎに明らかにされる。「沖縄と核」の知られざる歴史が、今もつづく沖縄への米軍基地集中をもたらす要因となっていたことを浮き彫りにした(9月10日放送)。

http://www6.nhk.or.jp/special/detail/index.html?aid=20170910 (公式サイト)

http://toyokeizai.net/articles/-/187336 (東洋経済オンライン)

http://ospreyfuanclub.hatenablog.com/entry/2017/09/20/023748 (Osprey Fuan Club)


■DATA

日時:2017年11月26日(日)14:00(開場 13:30)

開催場所:アミカスホール (福岡市南区高宮3丁目3−1)

参加費:1,000円(学生無料)

定員:300人(先着順)

主催:本土に沖縄の米軍基地を引き取る福岡の会(FIRBO)

共催:沖縄差別をなくす会・沖縄を語る会

お申し込み:http://kokucheese.com/event/index/487620/

お問い合わせ:hikitorukaiあっとまーくgmail.com(事務局)

フェイスブックイベントページ:https://www.facebook.com/events/1585277761511350/

引き取る行動・大阪が講演会を開催します!

  *  *  *

「普天間移設はどこに!? 他人事から自分事への出発として」

お話:木村草太さん 

日時:11月25日(土) 開始18:30(開場18:00)

場所:すまい情報センター ホール

 ●地下鉄「天神橋筋六丁目」駅下車 3号出口より連絡

 ●JR環状線「天満」駅から北へ約650m

資料代:1000円(障がい者・介助者・学生500円)

主催:沖縄差別を解消するために沖縄の米軍基地を大阪に引き取る行動(引き取る行動・大阪)


詳細はこちら ⇒ http://koudo.info/hikitori/

【木村草太さんプロフィール】

1980年生まれ。東京大学法学部卒。同助手を経て、現在、首都大学東京教授。

テレビ朝日系列『報道ステーション』のコメンテータなど、メディア出演も多数。

映画『標的の島 風かたか』の冒頭でとぅばらーまを歌う山里節子さんらをお招きした講演会が北九州市で開催されます。

FIRBOメンバーも参加予定。みなさんもふるってご参加ください。


■『もっと知ろう!沖縄を…』シリーズ第2弾
〜沖縄だけではとどまらない、基地問題〜

■日時:10月23日 10:00〜14:30

■会場:ウエルとばた 12階(121・122会議室)

■第1部 10:00〜12:30 講師のお話

 ◇下地輝明さん(沖縄平和ネットワークガイド)

 ◇山里節子さん(いのちと暮らしを守るオバーたちの会(世話人)

■第2部 13:10〜14:30 質疑応答&交流会

■参加費(昼食代):321円(税込み)

■主催:エフコープテーマクラブ「辺野古クラブ」

(↑ 山里さんのとぅばらーま。胸を打たれます。(里))

10/1市役所前広場で開催される福岡市人権啓発センター主催のハートフルフェスタに沖縄差別をなくす会が出店します。
昨年好評だった「おきなわの本屋さん」を今年も開店。先着30名さまにメンバー手作りのオリジナルティッシュケースをご用意しています。
おしゃべりやひやかしなどなどぜひお気軽にお立ち寄りください。
お待ちしています!

◾️ハートフルフェスタ
◾️2017/10/01 11時〜16時半
◾️市役所前広場 「沖縄差別をなくす会」ブース
(昨年の様子)

今月12日(火)19時より、天神の光円寺門徒会館で開催されるterra cafe kenpoにて基地引き取りをテーマに語ります。

昨年3月に開催したterra cafe kenpouテーマ「基地引き取り運動」につづく第2弾です。

あれから1年半。基地引き取り運動をめぐる状況は大きく進展し、現在、福岡を含め、大阪、長崎、新潟、東京の5都市で全国基地引き取り緊急連絡会が立ち上がり、着実に活動の輪を広げています。

さらに基地引き取り運動以外でも、これまで沖縄に限定されがちだった県外移設をめぐる議論が「本土」の政党や議会、首長たちの間でまさにいまはじまろうとしています。


今回のterra cafe kenpoでは、基地引き取り運動をめぐるこれらの最新事情をご紹介するとともに、私たちFIRBOメンバーがなぜ基地引き取り運動に携わるようになったのか、それぞれの思いを語ります。


どなたでも参加は自由。語り合いの時間もたっぷりあります。
私たち「本土」の人間が自分ごととして沖縄の基地偏在を解消するために何ができるのか、ともに知恵を絞りあえたら幸いです。

ご参加、お待ちしております。


■terra cafe kenpou「基地引き取り運動のいま」
日時: 9月12日(火)19:00 

場所: 光円寺門徒会館(福岡市中央区天神3丁目15)https://goo.gl/maps/Nm7xhkLYJM92

発題者: 本土に沖縄の米軍基地を引き取る福岡の会(FIRBO)メンバー

参加費: 無料


現在、ジュンク堂書店福岡店1階壁面フェアコーナーで「もうひとつの戦後史 ―大田昌秀の生きた時代―」が開催中です(〜10月1日)。

大田氏の著作や関連本はもちろん、「本土」ではなかなか入手できないレアな本がたくさん並んでいます。


いくつかピックアップしてみますと、壁に張ってあるのは琉球新報社の『沖縄戦後史新聞』から。

「過去の出来事を現在の視点で」との方針で、サンフランシスコ講和条約から「返還」までに沖縄で発生した象徴的な事件を現在の知見を織り込んでの「再現新聞」です。昨年から今年にかけて「琉球新報」で特集された紙面です。前企画の『沖縄戦新聞』とあわせ、ビジュアル的にインパクト抜群です。


また、来月福岡で公開予定の『カメジロー』こと瀬長亀次郎氏の本や、『ハクソー・リッジ』で描かれた、正に反対側にいた外間守善氏(大田昌秀氏の一年先輩で初年兵として従軍・沖縄学の大家)の『私の沖縄戦記』は映画と併せて。


大田知事時代を含めての我が国の外交については、『現代日本外交史』『普天間・辺野古 歪められた二〇年』などもあります。


沖縄の出版社ボーダーインクの編集者である新城和博氏の『ぼくの沖縄<復帰後>史』は、著者が小学生の時に迎えた「復帰」からの個人的な沖縄現代史。同じ時代に生きて共感できるエピソードが交わるだけに、埋らない(広がった)溝の存在に気づかされます。


『鎮魂の地図』は沖縄戦で一家全滅した屋敷跡の写真集。子どもや孫たちの笑い声のかわりに写っているのは、小さな拝所か畑か荒れ地。いま、ここに、いるはずだった多くの人々に、私たちは見られていると思うのです。


本橋哲也氏によれば、もうひとつの歴史を考えることこそ『ポストコロニアリズム』の営為です。他にもたくさん揃っています。興味のある方はジュンク堂書店福岡店1F壁面コーナーへ覗きに行ってみてください。


■「もうひとつの戦後史 ―大田昌秀の生きた時代―」ラインナップ

沖縄戦下の米日心理作戦 大田昌秀 岩波書店

橋本龍太郎外交回顧録 橋本龍太郎 岩波書店

沖縄の自立と日本 大田昌秀ほか 岩波書店

昭和天皇の戦後日本 豊下楢彦 岩波書店

沖縄のこころ 大田昌秀 岩波書店

米軍と農民 阿波根昌鴻 岩波書店

沖縄 平和の礎 大田昌秀 岩波書店

ポストコロニアリズム 本橋哲也 岩波書店

沖縄現代史 新崎盛暉 岩波書店

沖縄の70年 石川文洋 岩波書店

昭和天皇・マッカーサー会見 豊下楢彦 岩波書店

カクテル・パーティー 大城立裕 岩波書店

醜い日本人 大田昌秀 岩波書店

私の沖縄現代史 新崎盛暉 岩波書店

反骨 翁長家三代と沖縄のいま 松原耕二 朝日新聞出版

太陽の子 灰谷健次郎 KADOKAWA

ひめゆりの塔をめぐる人々の手記 改版 仲宗根政善 KADOKAWA

私の沖縄戦記 前田高地・六十年目の証言 外間守善 KADOKAWA

普天間・辺野古ゆがめられた二〇年 宮城大蔵・渡辺豪 集英社

沖縄戦 いまだ終わらず 佐野眞一 集英社

沖縄 だれにも書かれたくなかった戦後史(上) 佐野眞一 集英社

沖縄 だれにも書かれたくなかった戦後史(下) 佐野眞一 集英社

日本占領史 1945-1952 福永文夫 中央公論新社

沖縄現代史 櫻澤誠 中央公論新社

現代日本外交史 宮城太蔵 中央公論新社

ナツコ 沖縄密貿易の女王 奥野修司 文藝春秋社

沖縄戦と心の傷 トラウマ診療の現場から 蟻塚亮二 大月書店

具志堅用高 日本図書センター

旭龍 沖縄ヤクザ統一への軌跡−富永清・伝 幻冬舎

民族の悲劇 沖縄県民の抵抗 新装版 瀬長亀次郎 新日本出版社

民族の怒り もえあがる沖縄 新装版 瀬長亀次郎 新日本出版社

あま世へ 沖縄戦後史の自立にむけて 森宣雄 (編著) 法政大学出版局

鎮魂の地図 大城弘明 未來社

沖縄 空白の一年 川平成雄 吉川弘文館

沖縄の戦争遺跡 吉浜忍 吉川弘文館

キジムナーkids 上原正三 現代書館

ぼくが遺骨を掘る人「ガマフヤー」になったわけ。 具志堅隆松 合同出版

同化と他者化 岸政彦 ナカニシヤ出版

沖縄謀叛 鳩山友紀夫 (編著) かもがわ出版

徹底討論 沖縄の未来 大田昌秀・佐藤優 芙蓉書房出版

「島ぐるみ闘争」はどう準備されたか 森宣雄 (編著) 不二出版

これからの琉球はどうあるべきか 藤原書店編集部 藤原書店

沖縄健児隊の最後 大田昌秀(編) 藤原書店

基地で働く 軍作業員の戦後 沖縄タイムス中部支社編集部 沖縄タイムス社

戦後沖縄の人権史 沖縄人権協会 高文研

写真記録沖縄戦 決定版 大田昌秀 高文研

大田昌秀が説く沖縄戦の深層 大田昌秀 高文研

沖縄鉄血勤皇隊 大田昌秀 高文研

目取真俊短篇小説選集 1 魚群記 目取真俊 影書房

目取真俊短篇小説選集 2 赤い椰子の葉 目取真俊 影書房

目取真俊短篇小説選集 3 面影と連れて 目取真俊 影書房

虹の鳥 新装版 目取真俊 影書房

眼の奥の森 新装版 目取真俊 影書房

戦後の沖縄を創った人 屋良朝苗伝 喜屋武真栄 同時代社

沖縄の反戦おばあちゃん 松田カメ 刀水書房

沖縄戦の「慰霊の塔」 大田昌秀 那覇出版社

戦後沖縄通貨変遷史 山内昌尚 琉球新報社

沖縄戦新聞 琉球新報社

戦後をたどる 「アメリカ世」から「ヤマトの世」へ 那覇市歴史博物館編 琉球新報社

不屈 瀬長亀次郎日記 第一部 瀬長亀次郎 琉球新報社

沖縄列伝 戦後史の証言者たち 琉球新報社

不屈 瀬長亀次郎日記 第二部 瀬長亀次郎 琉球新報社

人物列伝 戦後沖縄の政治家たち 仲本安一 琉球新報社

不屈 瀬長亀次郎日記 第三部 瀬長亀次郎 琉球新報社

山田實が見た戦後沖縄 琉球新報社

ひずみの構造 琉球新報社編 琉球新報社

奔流の彼方へ 戦後70年沖縄秘史 島袋貞治 琉球新報社

沖縄戦後新聞 琉球新報社

沖縄の米軍基地と軍用地料 来間泰男 榕樹書林

ぼくの沖縄〈復帰後〉史 新城和博 ボーダーインク

「艦砲ぬ喰ぇー残さー」物語 仲松 昌次 ボーダーインク

N27 №2 新星出版

沖縄現代政治史 佐道明広 吉田書店

対話 沖縄の戦後 河野康子・平良好利 吉田書店

復帰後世代に伝えた「アメリカ世」に沖縄が経験したこと 琉球新報社

復帰前へようこそ 新星出版

稲嶺恵一回顧録 我以外皆我が師 稲嶺恵一 琉球新報社

STAND! 國吉和夫・知念ウシ 琉球プロジェクト

※1:11:55あたりから大田氏をしのぶビデオが放映されています。15分ほどのビデオですがとてもわかりやすくまとめられています。

第1回おきなわ読書会を8月31日に開催いたします。

沖縄に興味がある方、おしゃべりしたい方、数人でお茶を囲みながら語り合いませんか?

どうぞお気軽にお集まりください。


■日時:8月31日(木)17時〜18時まで、それ以降は自由です。

■テキスト:大田昌秀『醜い日本人』第一章

https://honto.jp/netstore/pd-book_00022262.html?cid=ip_ecpd_author_02

■会場:福岡市中心部の沖縄料理店

   (出席をご希望される方はご連絡ください)


・テキストは、できれば目を通してきてください。第1章は50頁ほどです。

・読書会終了後は自由解散です。任意で福岡一美味しいと言われる沖縄料理を楽しみます。

・お席の関係で、出席希望の方は8月26日までにご連絡ください。


■連絡先:hikitorukai/atmark/gmail.com (迷惑メール防止のため、/atmark/→@に変えて使用してください。)